トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

山本歴史探検Part2

 5月2日の古墳めぐり(5月3日中国新聞朝刊で報道)に続き、山本小学校の6年生児童が歴史の学習の一環で武田山に登り、中世の史跡を見学します。保勝会からは数名がガイドとして参加することになっており、児童の保護者にも参加を呼びかけています。会員で時間のある方は子ども達と一緒に武田山の秘密を探ってみませんか?

 日 時 6月3日(金) 9時~15時(予定)
 コース 山本小~武田一族の墓~憩いの森~馬返し~山頂~観音堂跡~櫓跡~   
     部谷山~山本小
 持参物 弁当、飲み物

 なお、この行事のための下見と登山道整備を6月1日(水)に行います。参加可能な方は鎌や鋸等持参の上、9時に部谷山登山口へ集合してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

追悼式ご苦労様でした

 初夏を思わせる晴天の中、約50名の参加を得て追悼式がしめやかに行われました。お参りくださいました皆様ありがとうございました。追悼式には広島ケーブルビジョン様と中国新聞様が取材に訪れました。

 追悼式の様子は、広島ケーブルビジョンで6月6日~12日まで1日4回(9時、13時、17時、23時)放映される予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

武田一族の墓追悼式

 武田山憩いの森の入口近くの畑の隅に「銀山城主武田氏の墓」と記した石標が立つ墓があります。広島藩寮内の地理、歴史を記した芸藩通志(1825年刊行)には「武田光和墓。東山本村、三王原にあり桜樹をしるしとす」とありますが、この墓がそれなのかははっきりしません。昔はこの墓地にはいつもヘビがいて手入れをすると必ず病気になると伝えられ、近づく人もありませんでしたが、昭和15年に保勝会が発足した際に、初代会長武田庸全氏の入念な読経の後周辺の整備を行い、その後は土地の所有者の方が大切に守ってきました。
 今年保勝会が活動を再開したことを期に、保勝会としても今後維持管理に携わっていくことになり、八区覧会をはじめとする武田山を舞台とした様々な行事の安全と発展を祈念して追悼式を行うことになりました。

 日 時=5月29日(日)午前10時 開式
 場 所=武田一族の墓 山本九丁目35番 現地
 お勤め=武田公紀立専寺住職(武田山・火山保勝会会長) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

メールマガジン

 昨日25日の中国新聞朝刊をご覧になりましたか?武田山情報が自分のメールアドレスを登録するだけであなたのパソコンに自動的に届きます。 「ぎおん遊び隊」のホームページを開いて、カウンターのすぐ下の「メールマガジン」をクリックして、登録してください。

 ぎおん遊び隊 http://hiroshima.cool.ne.jp/gionasobitai/#

 新聞記事では三者の共同事業のような書き方になっていますが、実態は壱岐さんにオンブにダッコです。壱岐さん、ありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

山本川源流の清掃

 ホタルがとびかう山本川を復活させようと、安佐南区生活衛生推進委員・武田山(銀山城史跡)・火山保勝会・祇園西公民館の共催で源流清掃を行うことになりました。当日は上組自治会にも協力をしていただきます。ふるって参加をお願いします。

日時:平成17年6月5日(日)
    午前10時より(小雨決行)
場所:鹿ヶ谷から水越峠まで
集合:東山本新堤 (軍手、長靴、清掃用具は各自で持参して下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

ブログ開始しました

保勝会の活動予定をお知らせするブログを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »