« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月16日 (土)

武田山山頂の謎の発光体、解決編

「もしもし、今武田山の頂上におるんじゃが、ちょっと山の見えるところまで電話持って 出てくれる?今から懐中電灯の灯りをつけてみるけえ。」

-手に手に懐中電灯を持って、灯りがよく見えるように左右に動かした り、グルグル回したり。

 「どお、見える?」
 「えっ、見える!やったぁー!!」

 というわけで、「ぎおん遊び隊」のホームページをご覧になった皆さんにはとっくにネタバレですが、謎の発光体の正体は、夜間登山のメンバーが山頂から照らした懐中電灯でした。

 1541年、毛利元就が武田氏の居城銀山城を攻めるにあたり、戸坂付近の太田川から油を染みこませ火をつけた大量のわらじを戸板にのせて川に流し、これを見た武田軍が正面の防備を固めた裏をかいて反対側の安方面から奇襲をかけ、難攻不落の銀山城をついに落城させたと伝えられています。この伝説は、安方面から攻撃があった場合に鐘を鳴らして知らせる役目をになっていた武田氏の菩提寺であった正伝寺(一説には高取の長楽寺だったともいいます)を事前に抱き込んでおくなど毛利元就の用意周到な性格を伝えるエピソードの一つであるとともに、東区の戸坂にある「千足」という地名の由来だともいわれています。
 昨年、いつ頃だったか祇園公民館長らと武田山に登った際に、このわらじ千足の故事を再現したら面白いのではという話しが話題に出たことがありました。その後、八区覧会のイベントでできないかという意見もありましたが、具体化は一向に進展しないままだったことから、「とにかくいっぺん、夜、武田山に登ってみるべえ」ということで今回の夜間登山となったものです。原田祇園公民館長、祇園まちづくりプランプロジェクトの面々とともに、保勝会からは2名が参加しました。
 そして、冒頭のシーンにつながる訳ですが、武田山から見る夜景がどうだったかというと…………………

…………………………

…………………………

……そこには、文章や写真では伝えきれない感動が!!!

 だまされたと思って、一度あなたも一緒に登ってみませんか?夜の武田山へ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年7月15日 (金)

怪奇!武田山山頂の謎の発光体

 15日夜8時過ぎ、武田山のふもとの祇園公民館職員Aさん、スーパー「セルフ稲田」職員Bさんなど複数の人から「武田山の山頂に複数の発光体が見える」との目撃情報が寄せられました。光は山頂付近でくるくる回ったり、チカチカ明滅して、しばらくすると見えなくなったそうです。
 UFOの襲来か、狐火か、はたまた武田氏の亡霊の仕業か、この光は一体……????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

雨の中、登山会無事終了

 山本のスポット天気予報が夕方まで「くもり」で、7時30分の時点では降っていなかったため天候の回復を祈って実施することにした登山会でしたが、天気には恵まれませんでした。
 ロイヤルスクエアで出発式を行い、武田山林道を通ってやん谷道の入り口で畑組自治会長の岡本さんからゴミ不法投棄防止活動のお話しを伺うところまではなんとか持った天気も、やん谷道の途中でとうとう雨が本格的に降り出しました。
 色とりどりの雨具を着て、すべりやすい山道を注意しながら一歩一歩慎重に登り、湯つぼ跡に到着。保勝会 村越顧問の解説を聞いた後に「山本村のやんすけサン」の朗読会を行いました。雨の中、あいにくのコンディションでしたが河野 寛さんの朗読に、参加者一同天気を忘れてしばし聞き入りました。
 先日の整備で見つかった湯つぼの源泉などを見学した後、上観音・岩観音にお参りし、丸山への登頂は断念して七曲りを下山しました。途中では「やんすけサン」のお話しに出てくる三角岩に手を合わせ、春日野団地まで戻ったところで、希望者はさらにモリアオガエルの池の見学を行いました。
 池のデコレーションで山本小の6年生児童に作ってもらったカエルのペーパークラフトは、参加者が到着する頃には、自然に還ってしまっていたため(紙製なので雨でペチャンコに)、力作を見てもらえなかったのは残念でしたが、池のほとりに新しく卵が産み付けられているのも見つかりました。
 カッパを着ていてもズボンまでぐっしょり濡れてしまいましたが、何とか見ていただきたかったポイントは回ることができました。朗読で熱演していただいた河野さんをはじめ約50名の参加者のみなさん、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

本日予定通り登山会実施します

 おはようございます。
 すっきり快晴とはなりませんでしたが、本日登山会は予定通り実施します。
9:30までに春日野ロイヤルスクエアにご集合ください。
 雨具やシートの用意はくれぐれもお忘れなく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

雨具の準備をお忘れなく!

 てるてる坊主の効果がさっそくあがったようです。
心配な明日の天気は、午後5時発表の天気予報では“くもり”で降水確率は10%~30%となっており、明るい見通しが立ってきました。
 しかし、油断は禁物。雨具やお弁当を食べる際に地面に敷くシートなどの準備は忘れないようにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

登山会開催の可否は当日7:30に決定します

 今日の天気予報によると10日(日)の降水確率は80%とかなり厳しい状況になっています。このブログをご覧の皆さんは、てるてる坊主をつるして天候の神様に晴天になるようお祈りして下さい。
 当日、登山会を実施するか中止するかの決定は、朝7:30現在の天気を見て幹事で判断いたします。決まり次第、記事をアップしますので参加予定の知り合いの方でパソコンをお持ちでない方には教えてあげて下さるようお願いします。(祇園西公民館での電話の対応は8:30以降になります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通機関のご案内

 NHKお好みワイドひろしまやひろしまVisitors Siteをご覧になり、7月10日の登山会への参加を希望される方に、集合場所までの交通機関の案内をいたします。
 春日野団地へ運行しているバスは広島交通(オレンジ色の車体が目印)で、朝9:30の集合時間に間に合うのは一便しかありませんのでご注意ください。
 主な停留所と運賃は次の通りです。

  8:30 広島駅Bホーム10番  片道340円
  8:38 紙屋町             片道300円
  8:44 横川駅前           片道260円
  9:06 春日野着

 帰りの春日野発のバスは次の三便です。

  14:51発 広島駅行
   16:01  〃
   16:31  〃

 ファミリーコースも健脚コースもどちらも終了予定時刻のタイミングにあまりあっていない時間帯ですが、団地内のモデルハウスの見学や新しい公園で休憩するなどして時間調整をしてみてはいかがでしょうか。
 自家用車で来られる方は団地内小学校用地の駐車場をご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

NHK「お好みワイドひろしま」に明日登場!

 天候がとても心配な7月10日の登山会ですが、NHKで月曜から金曜の17:10~19:00に放送されている「お好みワイドひろしま」の「なんでもPR」のコーナーで登山会の告知を行うことが急きょ決まりました。放映は7月7日(木)の17:50頃で、会員10名が生出演する予定です。放映時間は30秒程度ですのでお見逃しなく!

 登山会の案内は、このブログやぎおん遊び隊のメールマガジンのほか、下記にも掲載されていますので一度ご覧ください。

広島市役所のホームページ
ひろしまVistors Site
http://www.city.hiroshima.jp/kikaku/kikaku/vi/event/calender0507.html#yansuke

東亜地所春日野最新情報
http://www.toajisho.co.jp/modules/news/article.php?storyid=112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »