« 活動記録集をつくりました | トップページ | 教職員を対象とした武田山史跡めぐり »

2006年1月24日 (火)

合格祈願は山本の「落ちない岩」へ

 雪の天気予報で心配された大学入試センター試験も広島市では天候に恵まれ(その分月曜日に思わぬ積雪でびっくりしましたが)特にトラブルなく終わり、いよいよ本格的な受験シーズンに突入しました。
 受験生の皆さんには体調を整え日々勉強に励み、試験当日には日頃の成果を充分に発揮してもらいたいと思いますが、時には気分転換も兼ねて合格祈願に出かけてみてはいかがでしょう?

 保勝会お奨めのスポットは、7月の第2回登山会で行った山本の西端、丸山の中腹にある「岩観音(いわかんのん)」です。山本から己斐へ抜ける武田山林道にある御鉢山墓苑脇のカーブミラーから入る山道「やん谷道」を入り約20分で江戸から明治にかけて栄えた温泉のあと「湯つぼ」に到着します。さらに山道を10分あまり登る鉄塔の下に「上観音(西倉寺)」があります。鉄塔からさらに50m奧へ進んだところにめざす「岩観音」があります。
 見上げるような大岩の上にまた大岩が乗っていて、道はありませんが大岩の裏へ回り込んでみると下の大岩も山の斜面から傾いで立っているのがわかります。岩の下はかなり広い岩屋になっており、小さな祠が三社と石地蔵が一体祭ってあります。
 文章だけで説明するのは難しいのですが、岩全体が実に微妙なバランスで「落っこちずに」成り立っているので、ここに参れば試験に「落ちない」こと間違いありません。
 下山路は「湯つぼ」へ戻らずに「七曲参道」へ進みましょう。つづら折れの道を下っていくと試験の点数アップを示す「△△△」の形をした「三角岩」が祀られていますのでここでもお参りを忘れてはいけません。これで志望校への合格バッチリです!

・・・・と宣伝できるかどうかは今年の受験の皆さんの成果にかかっています。風邪などひかぬよう勉強は地道に頑張ってください。フレー、フレー受験生!

|

« 活動記録集をつくりました | トップページ | 教職員を対象とした武田山史跡めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合格祈願は山本の「落ちない岩」へ:

« 活動記録集をつくりました | トップページ | 教職員を対象とした武田山史跡めぐり »