« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月18日 (木)

いよいよ明日炭出し!

Simgp428301                      (炭出しを待つ炭焼き窯)

 10日に火入れを行ったリニューアル炭焼き窯。いよいよ明日19日炭を取り出すことになりました。地元山本小学校4年生の児童156名がこの炭出しを見学に行きます。13時30分に学校を出発14時過ぎに青原広場に到着する予定です。帰途には武田山水車を見学、16時に学校へ戻ることになっています。
 果たして無事炭はできあがっているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

炭焼き窯がリニューアル

Simgp419801

 武田山と火山の間にある水越峠の入り口、青原広場(あおばらひろば)に昨年2つの炭焼き窯をつくり試し焼きを行いました。(関連記事はこちら)将来、自然体験や武田山にはびこる竹や倒木の処理などの役割を期待して造ったものですが、昨年の梅雨の大雨で天井が崩落してしまいました。
 「今度は10年は持つものを造る!」と逆に発奮したのが稲田副会長。昨年の11月末に新しい炭焼き窯の工事に取りかかり、1月9日には一応の完成を見ました。そして、翌10日、第1回の試し焼きの火入れを行いました。
 今後広場の整備をさらに進めるとともに、窯の外観を整える作業を続けていく予定です。

 1月11日の中国新聞に記事が掲載されました。(記事は石井記者)
Ssumiyakigamakiji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

武田山に水車小屋が登場

Simgp416901 
 武田山の入り口 にまたひとつ、新しい名所が誕生しました。
 制作者は、火山公園の櫓や東屋建築の指導、水越名水の整備の指導に当たっていただいた吉野建興(有)の吉野勇さんです。
 「昔見たなつかしい水車を再現したいと思っているんですよ」とお話を伺ったのが、昨年の11月。さすがにプロ、たった1ヶ月で立派な水車小屋が完成しました。
 1月6日(土)に、吉野さんの孫が所属する山本少年野球クラブの子ども達、保護者の皆さんが集まって、お披露目と餅つきが行われました。町内の保育園の園児たちも保母さんに引率されて見学に訪れ、にぎやかな1日になりました。
 この日の模様は1月8日(月)のRCCイブニングニュース広島で放送され、稲田副会長がインタビューを受ける姿も流されました。

 RCCイブニングニュース広島へのリンクはこちらです(動画も見ることができます)

 今回登場した水車小屋、火山公園の櫓、ホタル、鹿ヶ谷三段滝、青原広場の炭焼き窯、そして水越名水と水越峠に至る東山本道には見どころがいっぱいです。
 吉野さんは、「武田山を訪れた多くの皆さんに気軽に立ち寄ってほしい」と話されています。

Suisyatizu

水車小屋(安佐南区山本9丁目48-15 吉野建興(有)倉庫敷地内)の詳しい地図はこちらをクリックしてください

 水車小屋についての問い合わせや見学の申し込みは、吉野建興(有)(電話 082-874-3221)までお願いします。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

あけましておめでとうございます

Simgp388101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »