« 夏休み最初の休日は大にぎわい(2) | トップページ | 宇根さんと滝に打たれる自然体験 »

2007年7月31日 (火)

武田山から平和について考えよう

S

 もうじき62回目の8月6日がめぐってきます。
 被爆者の高齢化が進む一方で、今年は「原爆しょうがない」発言による久間防衛大臣の辞任や米国の核不拡散問題特使による原爆使用正当化発言などの問題が相次ぎ、被爆の実相を伝え継承していく取り組みの重要性がますます高まっています。
 昨年、このブロクでは4回にわたり「原爆献水(げんばくけんすい)」を取り上げ、お伝えしてきました。

 過去記事はこちらから→『原爆献水』をご存じですか(1)
                『原爆献水』をご存じですか(2)
                『原爆献水』をご存じですか(3)
                『原爆献水』をご存じですか(4)

 「原爆献水」は、原爆被害の恐ろしさだけでなく現在の環境問題も同時に考えさせられます。過去から現在そして未来を結ぶ教材として、広島市民、とりわけ子ども達ぜひ知ってもらいたい取り組みです。
 武田山のふもとの広島市立祇園中学校(ひろしましりつぎおんちゅうがっこう)では、来る8月7日(火)8時30分から同校体育館で行う平和集会に50年以上にわたって原爆献水を続け、広島市民賞も受賞された宇根利枝(うね としえ)さんを招き、話しを聞くことになりました。
 中野正巳(なかのまさみ)校長先生は「生徒達だけでなく、保護者や地域の人にもぜひ話しを聞いてもらいたい」と話されています。子ども達と一緒に宇根さんの話しを聞いて、武田山から平和について考えてみませんか?
(祇園中学校平和集会についての問い合わせは、祇園中 TEL082-874-0055へお願いします) 

|

« 夏休み最初の休日は大にぎわい(2) | トップページ | 宇根さんと滝に打たれる自然体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田山から平和について考えよう:

« 夏休み最初の休日は大にぎわい(2) | トップページ | 宇根さんと滝に打たれる自然体験 »