« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

祇園商工フェスティバルでPR

Photo_3 10月28日(日)、安佐南区山本2丁目山本第6公園で祇園町商工会主催の「第27回祇園商工フェスティバル」が開かれました。
 プロジェクト武田山の皆さんのご厚意で、みどり会の紹介コーナーを作っていただき、11月25日に開くもみじまつりの案内や、青原広場で焼いている竹炭の展示を行いました。
 好天に恵まれ終日多くの人で賑わいました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケニア紅茶と大町観音水の相性は抜群でした

 10月27日(土)、興動館ケニアデイの第1部のイベント「日本の名水、大町観音水で紅茶を味わおう」に参加してきました。地元住民の方、祇園中学校野球部の皆さん、大町観音水のPR活動に取り組んでいるまちづくりプランプロジェクト(安佐南中学校区)のメンバーらがあつまり、興動館武田山まちづくりプロジェクトの学生諸君の引率で興動館から2.5kmの距離にある大町観音水をめざしました。興動館から仰ぎ見る武田山は紅葉がはじまり、ところどころ紅いインクを散らしたように見えます。
 途中、祇園北高校の生徒らの手によりよみがえり約1年を迎える武田のお茶水場とつたわる井戸「清水川」を見学、風が少し強く吹くなかを約1時間かけて大町観音水に到着しました。汗もかかず快適な散策でした。
 現地ではケニアの民族衣装に身を包んだスタッフがすでに待機、ケニアの国旗を振って歓迎してもらいました。学生から、観音水の説明を聞いた参加者はそれぞれ大町観音水を味わったりペットボトルに詰めたりして観音堂跡に移動、フェアトレードの解説などを聞いた後、観音水でいれた紅茶を味わいました。
 抽出力の強い軟水の名水である観音水との相性は抜群、とても香りの良いケニア紅茶を美味しくいただき全員で記念撮影。昼前には全員無事興動館に戻ってきました。
 
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

大町観音水でケニア紅茶を味わう!

Skenyadayverfinal

 先週、竹炭販売の模擬店でお世話になった広島経済大学興動館で、明日KENYA DAY(ケニアデイ)」というイベントが開かれます。
 このイベントは、ケニア産フェアトレード商品「ケニア紅茶」を仕入れるカフェ運営プロジェクトの学生らが、ケニアやフェアトレードについて深く関心を持ち始めたことから実現しました。(フェアトレードについての解説はこちらをクリック

 当日は下記のような様々な行事がもたれる予定ですが、注目は大町観音水でケニアの紅茶を味わう第一部。一体どんな味がするのか今から楽しみです。

当日歩くコースはこちらをクリックしてご確認ください 

【第一部:9:00~12:30--------------
○ 日本の名水、大町観音水で紅茶を味わおう
(※雨天の場合:ケニア料理をつくろう)
定  員 50名
持参物 水筒、タオル、歩きやすい靴など
集  合 広島経済大学興動館
申込み 広島経済大学興動館 
      KENYA DAY係(082-832-5010)
【第二部:13:00~17:00
-------------
○ ケニア紅茶試飲会
○ 雑貨マーケット
○ 講演『ケニアってどんな国』
○ ケニア体験報告会
○ ケニアのエイズ問題について考える
○ ケニアの音楽を聴こう
【お問い合わせ】----------------

 広島経済大学興動館(興動館ケニアデイ案内ページはこちらをクリック
 〒731-0138 広島市安佐南区祇園5丁目1-27
 電話:082-832-5010 FAX082-832-5011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

経済大学興動祭で竹炭を販売

Scimg0060  10月21日(日)、石田学園創立100周年 広島経済大学開学40周年を記念して開催された、興動館のお祭り「祇園・興動祭~培われた人間力~」にみどり会が模擬店を出店しました。

 商品は武田山の竹を青原広場の炭焼き窯で焼いた竹炭。きれいに焼けた炭をよりすぐりカゴにつめて、美しくラッピングして1つ300円で販売しました。
 日常生活の中で炭が活躍する機会がない学生諸君にはなかなか手にとってもらうことはできませんでしたが、祭りにおとずれた地域の方には好評でした。11月25日の「もみじまつり」のチラシも配りPRさせてもらいました。
 快晴の空の下、風船とばしなどのイベントもあり楽しい1日をすごしました。
Scimg0095
興動館の興動祭報告のホームページはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »