« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月26日 (月)

最高の一日。皆さまに感謝、感謝、感謝!!

 2週間が過ぎてもまだ興奮冷めやみません。(タイトルだけ載せていて、この記事を書いているのは12月9日です)
 澄みわたった晴天のもと、多くの皆さまのご協力で「鹿ヶ谷自然道もみじまつり」が11月25日(日)に開催されました。
 当日は、山本地区の行事や他の武田山のイベントも重なりましたが、予想を大きく上回る約250名の皆さんに参加していただき、スタッフはうれしい悲鳴をあげました。
 三鬼堂跡を整備した「もみじ広場」には紅白幕をはった特設ステージを用意し、開会宣言、来賓紹介、経過報告、広島市森づくり推進事業報告を行ったのち、アコーディオン集団「NORA」の皆さんによるミニコンサートを行いました。里山にアコーディオンとギターが響き、参加者の皆さんも一体となって秋の歌の合唱を楽しみました。
 コンサートのあとは青原広場にそれぞれ腰を下ろし賑やかな昼食タイムです。スタッフの女性陣自慢の豚汁が振る舞われ大好評でした。途中で容器が足らなくなってお代わりできなかった方、ごめんなさい。
 昼食時のアトラクションとして、ゲンジボタルの幼虫の放流と謎のマジシャンが登場しての楽しい手品の披露もあり、子ども達の目を釘付けにしていました。
 午後からは、希望者による光賢寺跡の見学を行い、約100名の皆さんが、水越峠を越え、安郷土史懇話会の皆さんの手で整備された新道を通り光賢寺原に向かいました。
 現地では広島市文化財指導員 村岡幸雄先生による光賢寺の解説、安郷土史懇話会の皆さんによる光賢寺跡整備の解説を伺いました。懇話会の皆さんには、この日のために本来は渓流沿いに立てる予定の解説板(こちらをクリックしてご覧下さい PDF形式226KB) を移動して立てていただいたほか、光賢寺の3D復元模型、光賢寺跡整備のパネルなどをわざわざ準備していただきました。整備前の人の背丈を越える笹で埋め尽くされた状態を見ているので本当に感謝、感動しました。
 安方面の人とはここで別れ、参加者はもときた道を引き返しディスプレイに使ったもみじの枝をお土産に三々五々もみじ広場を後にしていきました。
 あらためて参加者の皆さま、ご協力頂いた多くの皆さまにお礼申し上げます。なお、この日の模様はひろしまケーブルテレビ様http://www.hicat.ne.jp/)に取材いただき、12月3日から1週間同局の「地域密着ワイド ご当地TV」で放映されました。

こちらをクリックすると番組の録画をご覧になれます(WMV形式、2.89MB)
 
Imgp9554
開会行事
Imgp9578
アコーディオン集団「NORA」の皆さんによるミニコンサート
Imgp9630
女性スタッフによる豚汁サービスは大好評
Imgp9641
賑やかな昼食タイム
Imgp9664
「大きくなーれ!」と声をかけてホタルの幼虫を放流
Imgp9707
謎のマジシャン登場で子ども達の目は釘付け
Imgp9718
安郷土史懇話会の皆さんが整備された新道で光賢寺跡へ向かう一行
Imgp9724
3月までは笹で埋め尽くされていた光賢寺原
Imgp9744
光賢寺の解説をされる村岡幸雄先生
Imgp9770
光賢寺原整備を行った安郷土史会の皆さん
Imgp9790
ディスプレイに使ったモミジをお土産に帰途につく参加者の皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

もみじまつり本日開催、お弁当も忘れずに

 絶好の天候にも恵まれ「鹿ヶ谷自然道もみじまつり」本日開催です。
準備もすっかり整い皆さまのご来場お待ちしております。
開会時間は11時。お弁当もお忘れなく!
Simgp9466
Simgp9445

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

もみじまつり、自動車の方は春日野団地へ

 いよいよ、明日にせまったもみじまつり。
 ポスターやチラシでもご案内していますが、自動車でお越しの方は春日野団地東詰に東亜地所様のご協力で臨時駐車場を確保していますので、下の案内図と写真を参考にされ、みどり会のノボリを目印においでください。(団地を道なりに進み、中央公園を右折し突き当たりまでまっすぐです)
S
S_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もみじまつりはいよいよ明日です

Imgp9403

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

11月25日もみじまつり、もうすぐです!

S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公民館まつりで大町観音水PR

Imgp9276  11月17日に開かれた古市公民館ふれあいまつりで、大町観音水のパネル展示と試飲、武田山の竹を使った竹笛づくりと竹炭の販売を行いました。
 「名前は聞いたことはあるが、どうやっていくの?」と聞いてくる人も多く、試飲をしてもらうと「やわらかい」「甘い」との評価が多くありました。250名以上の方に試飲していただくことができました。
 この日の試飲のための水は前日の金曜日に水場の下の安佐南中学校のバレー部の生徒の皆さんに水を汲みふもとまで運んでもらい、大町小学校隣の黒河酒店様に当日まで冷蔵庫で冷やしていただきました。
 竹笛コーナーは3人の大学生のお兄さんも指導にあたり、公民館にきた小学生以下の子ども達ほとんどが自分で作ったり、作ってもらったりして笛をもってかえりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

武田山に火災予防の横断幕登場

Dscn0809 (写真提供:高木 衍さん)

 11月2日のガガラ山山頂付近での火事を受けて、森林事務所が火災予防を訴える横断幕を武田山山頂の館跡に張り出しました。
 冬場で空気が乾燥するシーズンですのでお互いに気を付けたいものです。また、不審人物((こちらの記事参照)にも注意を払い、何かあれば警察や消防への通報もためらわないでいただくよう重ねてお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

村岡幸雄先生と歴史散歩

Imgp9185

 11月11日(日)、広島リビング新聞社主催の「村岡幸雄さんと訪ねる歴史散歩 安芸武田氏の繁栄と滅亡」に参加してきました。
 もみじまつりで光賢寺跡の解説をしていただくことになっている郷土史家・広島市文化財保護指導員の村岡幸雄先生が、銀山城からめ手の相田・高取・長楽寺10カ所を案内し、安芸武田氏の繁栄と滅亡の足跡をたどるイベントで、参加者は約80名でした。

 9時にアストラムライン上安駅を出発し、鶏頭原薬師堂~正伝寺~銀山橋~武田一族の霊碑~高取家の冠板~光明寺~長楽寺~恵比寿神社の番人墓~飛倉毘沙門天~武田氏終焉の地(当日いただいたコース図はこちらをクリック) をそれぞれの場所で村岡先生に丁寧に解説をしていただきながらまわりました。

 集合時に「解散宣言後にもみじまつりのチラシを配らせてほしい」とおそるおそるお願いしたところ、なんと村岡先生は先にお渡ししたチラシを増し刷りして参加者数分もってきていただいており「荷物になるから先に配ったらどうか」と言ってくださいました。さらに、広島リビング新聞社の植木栄壮部長様も受付でチラシを配らせていただくことを快諾していただいたばかりか、正伝寺ではもみじまつりのPRの時間まで与えていただきました。
 普段車では通りすぎてしまう道沿いに様々な歴史がたくさん残っていることを確認できた有意義な一日でした。

 不思議な体験もしました。
 最後に訪れた武田氏終焉の地「ガキの首」と呼ばれる小高い丘は、毛利に破れ捕らえられた武田一族六親等までが処刑されたと伝わる場所です。「掘ったら血が出る」と怖れられ、団地造成にともなって埋められるところを村岡先生が土地を買い取り碑を建て供養されています。
 上安駅を出発し、有名な漬物会社「山豊」の会長、山本豊さんが建立した飛倉毘沙門天(とびくらびしゃもんてん)まではよく晴れたおだやかな天気だったのに、ガキの首に向かうに連れて雲がみるみるうちにひろがり、風が吹き出したのです。ガキの首に到着すると同時にとうとう雨がぽつりぽつりと落ちて来ました。
 偶然と言えば偶然なのでしょうが、ガキの首の正面にそびえる武田山を見ていると何だか胸が締めつけられるような気がしました。

後記
 この日の歴史散歩の参加者で、チラシを見てもみじまつりに来ていただいた方もたくさんおれました。あらためて広島リビング新聞社の植木栄壮部長様には厚くお礼申し上げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

空も快晴、心も快晴

S1200711082 Imgp8903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

祇園北高生が再び清水川をボランティア清掃にやって来ます!

 安佐南区祇園8丁目にある「武田の殿様のお茶水」と伝わる由緒ある井戸「清水川(しみずがわ)」は、「(清水川の地図はここをクリックしてください)  昨年11月、祇園北高校の10名の生徒の皆さんと地域住民の手によって、3段の石の枡から水があふれ出す昔の姿を取り戻しました。
 今年6月に行われた祇園北高校の文化祭では、この清水川の水でたてた抹茶を茶道部の皆さんがふるまい大好評でした。
 長年、一人でこの清水川の清掃を続けてこられたご近所の河本キヨコさんは、今もお元気に花を供え続けてくださっています。水を汲みに来る人や足を止めて看板をながめる人も少しづつ増えてきています。
 清水川がよみがえって約1年が経過し、太陽の光が直接当たる2番目の枡には苔や藻類が目立つようになり、用水路の水が流れ込む3番目の枡には用水路から運ばれてきた土砂や落ち葉がかなり堆積してきました。
 また、水場の周囲は竹藪なので少し風が舞うと、道路にもたくさん葉が落ちています。祇園北高校の生徒も時々掃除に来てくれていますが、1周年を節目にもう一度枡にたまった土砂を取り除いたり苔や藻類をこすり落とす作業を、再び生徒の皆さんで取り組んでくれることになりました。
 地域の皆様には、当日ぜひ足をお運びいただき生徒の活動を見守っていただくようお願いします。

 日 時 平成19年11月7日(水) 午後4時~5時
 参加者 祇園北高校陸上部の皆さんと引率の先生

S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ガガラ山山頂付近で火災発生

Photo (写真は中国新聞の動画のキャプチャです)

 11月2日、午後3時半頃ガガラ山の山頂付近から出火、約4アールを焼き鎮火しました。消防ヘリや消防車10台が出動、安佐南消防署員や消防団員40名が山中で消火作業にあたりました。一時はふもとの団地にも煙が充満し灰が降り注ぐなど騒然となりましたが、迅速な消火活動で被害が最小限に食い止められほっとしています。消火活動にあたられた皆様に感謝します。
 火事の原因はまだ報道されていませんが、2度とこのような事態を発生させてはなりません。

中国新聞の記事はこちら(動画あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

今月25日に「もみじまつり」開催

S5mix

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »