« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

いよいよ本日もみじまつり開催!

 いよいよ本日11時より「鹿ヶ谷自然道第2回もみじまつり」を開催します。
 準備もすっかり整い皆様のご来場をお待ちしております。
冷え込むことも予想されますので、十分暖かくしてお越しください。

Photo  

Imgp9351
Imgp9367
Imgp9372
Imgp9369 
Imgp9360

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

武田山関連団体連絡会議がありました

Imgp9144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

鎮魂の祈りをこめて ~水琴窟を古市公民館、国際会議場で展示~

Imgp9121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふむふむ中間発表会がありました

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

「もみじまつり」準備着々と進んでいます

S20081118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

「清水川清掃」新聞で紹介

20081113
 11月7日に行われた「第4回小・中・高連携祇園地区清掃活動」での清水川清掃の様子が13日の中国新聞朝刊に掲載されました。生徒の爽やかな顔が印象的です。
 新聞記事にも掲載されていますが、この清水川の水を使った「武田山のお殿様とお茶会」が11月23日(日)10時から安川緑道南詰公園で開催されます。清水川への認知度が高まり、清水川を祇園地区の宝として住民あげて保全活動がすすむようになることを期待しています。

S081112pmcpdf_20081120_052627_001_2 

←お茶会のポスター (クリックすると拡大します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

祇園西公民館まつりでパネル展示&竹炭販売

 11月8日(土)~9日(日)、第23回祇園西公民館まつりが開催されました。
 里山環境保全みどり会では、昨年に引き続きみどり会の活動を紹介するパネル展示を行い、会場となった喫茶室では多くの方が興味深そうにパネルの前で足を止めておられました。
 また、みどり会の会員が多数メンバーとして加わっている公民館の活性化グループ「We Love 西公」の屋外テントでは、甘酒や鹿ヶ谷炭窯で焼いた竹炭の販売、青原広場の「キノコ畑」で栽培しているナメコやヒラタケの展示をおこないました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

小・中・高校生が力をあわせて「清水川」清掃を行いました

Simgp8538
 11月7日(金)、武田山のふもとの祇園小学校、祇園中学校、祇園北高校の生徒が、祇園町内のボランティア清掃を行う「第4回 小・中・高連携祇園地区清掃活動」が行われ、この中の1グループが“武田の殿様のお茶水”と伝わり、一昨年高校生の活躍で昔の姿を取り戻した「清水川」の清掃を行いました。

 一昨年、昨年と祇園北高校の生徒さんたちに取り組んでもらった清水川清掃ですが、今年は3校連携の清掃活動があることを聞き、各校の校長先生に清掃ポイントに清水川を加えていただくようお願いしたところ、快く引き受けてくださったのです。

 14時40分から行われた出発式には、祇園小6年生全員、祇園中1年生全員、祇園北高校1年生1クラスの生徒たち、引率の先生方、祇園学区公衆衛生推進協議会の皆さん、保護者の皆さんが祇園小学校の運動場に集合しました。

Imgp8500
 その中に混じり、里山環境保全みどり会の稲田さん、二井屋田さん、名水フリーライターの錦川鯉さん、大町の高木さん、祇園町商工会の桑本会長の姿がありました。清水川清掃の見守りのため集まった面々です。

 高校生の元気の良い挨拶、祇園小西岡教頭先生からの諸注意のあと、12のグループに分かれた生徒たちがそれぞれの担当区域にむけ出発します。
 「清水川清掃」の担当は小学生6名、中学生7名、高校生5名の計18名の生徒です。

Imgp8508  掃除道具を手に手にもった生徒たちは約15分かけて清水川に到着しました。清水川を一人で清掃維持してきた河本キヨコさん(86歳)が生徒たちを出迎えます。「あれ!河本さん今日はお留守の予定ではなかったの?」実は、河本さん生徒の皆さんが来ると聞いて予定を途中で切り上げて皆の到着を待っていたのでした。

Imgp8531  現場に到着し、一昨年、昨年と清水川清掃に携わってきたみどり会稲田さんが生徒たちへの作業指示を行いました。裸足になってシャベルをもった生徒達は「はだし~?」「汚い」と最初こそ不満の声が聞こえましたが、いざ作業を始めると皆真剣です。小学生も濡れて道路に貼り付いた落ち葉を一所懸命竹ぼうきで掃いて集めます。
 帰る時間が決まっていて作業を終えるように指示が出てもなかなか手を止めようとしなかった生徒達の姿がとても印象的でした。
Imgp8558
 作業後、祇園町商工会桑本会長より10月末に行った水質検査で「飲用可」の結果が出たことや11月23日(日)に安川緑道公園で「お殿様とお茶会」が開かれること、錦川鯉さんからこの清水川が全国百名水太田川中流域の水場であるといってよいことなどの話しを聞いて子ども達は帰って行きました。
Imgp8618 Imgp8627  生徒達が帰った後も、残った大人で作業を進め木蓋を外して一番上の桝の清掃、竹の樋も新しいものを取り付けて、翌日には水も溜まって上の写真のように清々しい姿になりました。

当日生徒に配られた清水川清掃についての資料はこちらをクリック
※資料の中では「河本キヨコさんは留守」と記載してありますが、実際には記事にあるように当日は子ども達の清掃の見守りをされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

もみじまつりにはバスでお越しください

Photo
 
Photo_2 Photo_3 Photo_6 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

武田山に“地産地消”「4タテ蕎麦」がもうすぐ誕生!

Dscn2041
 9月6日の記事(こちらをクリック)でも紹介しましたが、「水車小屋のおじいちゃん」こと吉野勇さんが、水車小屋の近くでこの夏からソバの栽培に挑戦しています。
 昨年は豊平でソバを栽培、水車小屋で粉にひき、手打ちの蕎麦を作りみなさんに振る舞い大好評だったことから、今年は地元でソバを育てて、“純正山本産”の手打ち蕎麦の誕生をもくろんでおられるのです。

Soba1
 尼子建設様に畑を借りて8月にまいた種は、夏の日差しをいっぱいに浴びてすくすく芽を伸ばしていきました。

Soba2
 9月に白い可憐な花が咲き、10月には黒い三角形の実がたくさんなりました。

Soba3
 11月4日。午前9時からみどり会の仲間も集まって刈り取りの作業を行いました。
 この日刈り取ったソバは、「武田山水車小屋」の石ウスで粉にひき、12月6日(土)に地域の子どもたちなどを招いて手打ち蕎麦を振る舞う予定です。
 うまい蕎麦の条件として「ひきたて」「打ちたて」 「茹でたて」の「3タテ」とよく言われますが、今回はこれに地元での「穫れたて」が加わった「4タテ蕎麦」の誕生です。
 みどり会の仲間たちも「きっと武田山の新しい名物になるに違いない!」と12月6日の蕎麦打ち会をとても楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

11月30日(日)、第2回もみじまつりへいらっしゃい!

Smomiji2
日 時 平成20年11月30日(日)11時~(雨天中止)
会 場 東山本水越峠入口青原広場
内 容 ミニコンサート、ホタル幼虫の放流
    木工教室(材料費300円、限定20組)
    その他お楽しみ企画
参加費 無料(自由参加)弁当ご持参ください
     ※おむすび販売、豚汁無料サービスあり
交 通 広交バス春日野行き終点
    「春日野」バス停下車 徒歩10分
     ※参加者用の駐車場は今年はありません
問合先 祇園西公民館
    (電話982-875-1760)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »