« 2年連続の雪の大晦日で初日の出はどうなる? | トップページ | ひろしまの森づくりシンポジウムが開催されます »

2011年1月 2日 (日)

UF0もやってきた? 武田山からあけましておめでとうございます!

S2011

 年明けの早朝4時30分。
 家の玄関の扉を開けると、曇りの天気予報に反して空には星がまたたいています、ヤッター!
 昨年に続き、今年も祇園町体協の武田山初登山に同行させていただくべく祇園小学校へ向かいます。昨年の初登山で祇園町体協の清水さんと一緒に武田山に登る道中に色々話しを伺い(関連記事はこちらをクリック) 、今回は初登山のポスター作成のお手伝いをさせていただきました。
 ポスターは、祇園町商工会の許可をいただいてJR下祇園駅前の武田山案内板、校長先生の許可をいただいて祇園小体育館など10枚あまり町内に掲示されたほか、今回は中国新聞祇園西販売所様がご厚意で新聞折り込みのチラシも入れてくださいました。

Suf0

  5時過ぎに集合場所の祇園小学校に到着すると、東の空にポッカリ浮かんで出迎えてくれたのは細い月と明けの明星の金星、それに…???(家に帰って写真を見てビックリ、なんだこりゃ?)

S2011_2

 この日、初登山に集まったのは祇園学区体協、原学区体協の皆さんのほか、小学校4年生とお父さんなど総勢10名あまり。
 大晦日早朝の降雪や曇りの天気予報のせいもあるのでしょうか、ポスターやチラシの効果は残念ながら今年すぐには現れなかったようです。

S2011_3

 全員で準備体操をして体をほぐし、5時35分、今年も清水さんの先導でまだ真っ暗な中を出発しました。
 水たまりには薄氷が張り、道の脇には昨日の雪がまだ残っている中を歩くこと30分、登山道入り口の武田山憩いの森に到着する頃には寒さもどこかへ飛んでしまっています。
 憩いの森で靴紐を締め直し、ヘッドランプの灯りを頼りに山道に入り、出発から約1時間で「御門跡(ごもんあと)」に到着。すでに空は白みはじめ、東の地平線が朱色に染まっています。

Ss2011

 御門跡から15分ほどで武田山山頂へ無事到着。
 頂上では、すでに山本や相田、大町方面からの登山者が百数十名、めいめい思いの場所に腰を下ろしご来光を待っています。みどり会のメンバーや山本体協、山本消防団の皆さん、日頃からお世話になっている山仲間の方々のお顔も見えます。
 早くから山頂におられた稲居(いない)さんは、武田山でご来光を拝むのは初めてとおっしゃり、「市内を覆う雲海がとてもきれいでしたよ」とデジカメの写真を見せてくださいました。私たちが到着した時刻には、もう霧の海は晴れていたのでちょっと残念。

S2011_5

 歓談しながら待つことしばし。ついに、その時はやってきました。
 7時15分、東の山に薄くかかった雲の端がオレンジ色に輝きはじめます。
 何年かぶりのすばらしい初日の出に、誰からともなく「バンザイ」の声がわき上がります。

110101081203_2kai

 7時半を過ぎると、家路につく人や尾根筋の縦走へ出発する人などが山頂をあとにして、段々と静けさが戻ってきます。

 しかし、お急ぎでない方には、この後にもう一つのイベントが待っているのです。
 日の出から約30分後の7時50分、山頂に残った体協役員の方が「おい、そろそろ始まるぞ」と声をあげます。
 高度を増した太陽の光が太田川の川面に反射、時間とともに光が強くなっていき、まるで初日の出が2つあるように見えてきます。新年の祈り事の御利益も2倍のこれぞ武田山名物、「2つの初日の出」。
 
S2011_6

 体協の皆さんと別れを告げて、ひとけのない鹿ヶ谷ふれあい広場へ下山しました。
 日陰には霜柱が立ち、昨年のもみじまつりでお目見えした「水越水車」にはつららが何本も下がっています。水しぶきが足元に落ちた木の枝に飛んで、数珠玉のような丸い氷を造っています。

_2

 今年もこの里山を舞台に様々な活動を展開し、多くの人に里山の魅力を知っていただきたいと願っています。どうぞ皆様方のご協力よろしくお願いいたします。

【追記】
 ご近所の自称UFO研究家ヤヨイ・ジュンイチ氏によると、祇園小学校の夜空に浮かぶ謎の写真の正体は、「カメラのレンズでしか捉えることのできないゴースト星のランプシェード型UFOではないか」とのことです。元日は午前中は快晴だったのに夕方からは大雨。不思議な1年のスタートとなりました。
 武田山には過去にも謎の飛行物体が飛来しており(関連記事はこちら)、新しいパワースポットとして注目を集めるに違いありません(笑)

|

« 2年連続の雪の大晦日で初日の出はどうなる? | トップページ | ひろしまの森づくりシンポジウムが開催されます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108583/50468668

この記事へのトラックバック一覧です: UF0もやってきた? 武田山からあけましておめでとうございます!:

« 2年連続の雪の大晦日で初日の出はどうなる? | トップページ | ひろしまの森づくりシンポジウムが開催されます »