« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

ガガラ山で山林火災発生

12

 9月24日(土)、武田山に隣接する安佐南区大町西のガガラ山の中腹で山林火災が発生しました。消防車や消防ヘリコプターが出動、迅速な消火活動で14時49分に鎮火しました。
 火災の発生した現場は、大町観音水から山頂に向かう尾根の途中にある「大町古墳」の登山道脇の斜面で、約20m×10mの範囲が焼け焦げ無残な姿をさらしています。
 懸命な消火活動で大事には至りませんでしたが、ガガラ山では4年前にも山頂部4アールを焼く火災が発生しており(関連記事はこちら)、同時期武田山では木の皮をはいで細かく裂いて火のついたタバコを押し込むなど不審な行動が報告されています。(関連記事はこちらこちら
 今回の火災がタバコの不始末等不注意によるものか不審火なのかはわかりませんが、これから秋の登山シーズンを迎え、登山者の皆さんにはくれぐれも、タバコのポイ捨て等の心ない行動は厳に謹んでいただくようお願いします。
 また、万一山林火災につながるような不審な行動をとる者を目撃したら、直ちに警察や消防などへの通報をためらわないようご協力ください。

Imgp4648
Imgp4659
Imgp4665
Imgp4734 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

9月25日武田山登山について

Ry20110925

 週末、武田山に初めて登るお客様(今のところ2名)を案内して、銀山城の史跡をめぐる計画を立てています。よかったら一緒に登りませんか!

・日 時 平成23年9月25日(日)9:43下祇園駅前集合

・コース 9:43JR下祇園駅-武田一族の墓-武田山憩いの森(トイレあり)-ふれあい樹林地区見学-大倉屋敷跡-馬返し-御門跡-千畳敷-山頂(410.5m)-山頂部の曲輪跡(くるわあと)散策-お弁当-山頂出発-弓場跡-観音堂跡-上高間-下高間-馬場跡-水越峠-鹿ヶ谷ふれあい広場-JR下祇園駅

・持参物 お弁当、飲み物、雨具

・問合せ 090-7977-7667(畑野)まで ※17時以降でお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

夜間縦走の足ならし

Sdim0009
 9月10日の「広島南アルプス・ムーンライトハイキング」に備えて、足ならしで仕事帰りに、武田山~火山を一人で歩いてきました。
 9月に入り暑さもやわらぎ、快適な夜間縦走が楽しめそうです。
S
 火山の山頂では武田山ナイトツアーでやった「ペンライトでお絵かき」の練習もしてみました、ナイトツアーの時は参加者のみなさんにあれこれ指示してやってもらう役でしたが、自分でやってみると、なかなか難しい。「火山」と書くつもりが・・・・

 今のところの参加予定者は5名。まだまだ連絡をお待ちしております。
お問い合わせは、090-7977-7667(畑野)まで。(17時以降にお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

広島南アルプスアピール企画第3弾はムーンライトハイキング!

S
 昨年12月の宿泊縦走、今年3月の雨の中の縦走に続く、「広島南アルプス」アピール企画第3弾は、月明かりを背負ってのオールナイトの夜間縦走に挑戦します。
 広島のデルタに広がる美しい夜景を、各山頂から堪能し尽くしましょう!

■日 時  2011年9月10日(土) 19時30分~翌朝  

■集 合  JR可部線大町駅前

■行 程  集合→カガラ山→武田山→火山→大茶臼山
       
→柚木城山→鬼ヶ城山→鈴ヶ峰東峰→
       鈴ヶ峰西峰→八幡東登山口(約20km)

■持参物  ヘッドランプ、予備電池、行動食、飲み物、
        鈴・携帯ラジオ等の動物よけ、雨具

■その他  朝7時の天気予報で18:00~24:00の降水確率
       
が40%以上の場合は中止

S

 (おことわり)
 この企画は広く一般の方に参加を募って行うイベントではなく、広島南アルプスのPRを進めていくための課題等を把握するために「広島南アルプスを知ってもらう会」有志で行う「試走」という位置づけです。
 特に今回は夜間の山歩きとなりますから、イノシシなどの危険生物との遭遇やねんざ等の事故のリスクは昼間と比べ格段に高くなります。危険性を理解し、「ケガや病気は自分持ち」という点を承諾できる方のみご参加ください。
 広島南アルプスを広く市民に紹介していただけるブロガーの方や団体、登山用品店の方の参加を歓迎します。
 お問い合わせ等は、電話090-7977-7667(畑野)までお願いします。(17時以降)

より大きな地図で 広島南アルプス夜間縦走 を表示

【参考】

広島南アルプスの概要とアピール企画第1弾(宿泊縦走)については、
→ こちらから順番にご覧ください(3月2日の記事まで続きます)

アピール企画第2弾(雨の縦走)については、
→ 参加者の「山歩きと山野草」様の縦走記事はこちらをご覧ください
→ 参加者の「家族で山歩き」様の縦走記事はこちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 2日 (金)

森のようちえん「まめとっこ」の皆さんが鹿ヶ谷ふれあい広場にやってきた!

S

 先日の「『山本水害』の歴史を伝える4」(記事はこちら)では、山本地区の素敵なお父さん達「山本ダディーズ」の活躍を紹介しましたが、今回は素敵なお母さん達を紹介します。

 8月30日(火)、安佐南区や西区の森(野外)を舞台に、互いの子どもを預け合い見守りあって育てる活動を進めている自主保育グループ「森のようちえん まめとっこ」のお母さんと可愛い子どもたちが鹿ヶ谷ふれあい広場にやってきました。広場を自主保育のフィールドのひとつとして利用したいと希望され、現地の視察が目的です。

 「森のようちえん」とは、1950年代にデンマークで誕生し、その後ヨーロッパや日本にも広がってきた自然体験活動を中心にした子育ての総称で、日本では2008年に「森のようちえん全国ネットワーク」が設立されています。

全国ネットワークのホームページはこちら
 
 「まめとっこ」は、夫の就農準備のために郷里の広島に帰ってきた石井千穗さんが、以前住んでいた愛知県で出会った「森のようちえん」を広島でもぜひ作りたいと、2010年9月に仲間探しのブログを立ち上げたことからスタートしました。
 2010年11月に準備会が発足し、2011年1月からは、毎週火・木にフィールド開拓とお母さん達の研修をかねた散歩と月1回の定例会を開催、将来は週4日程度の預け合いの「森のようちえん」をめざしておられます。
 このように活動をはじめてまだ日の浅いグループですが、5月には公益信託広島市まちづくり活動支援基金「H㎡(ふむふむ)」の助成団体に選ばれ、7月2日発売の雑誌「旬遊」vol.33の特集記事でも取り上げられるなど各方面から注目が集まっています。7月にはみどり会も登録しているひろしま森づくりコミュニティネットに団体登録もされています。

まめとっこ のホームページはこちら
まめとっこ のブログはこちら

L_699180edf3756e1616a6e6d3c3c99a928

 お母さん達は、子どもたちが晴れの日ばかりでなく、雨の日も、雪の日も森で過ごすことで出会う、

 ・仲間や自然、自分自身とじっくりかかわること
 ・多様な経験のチャンスが用意されている森の中で、やりたいことを思う存分やること
 ・少し難しいことやちょっと危ないこと、不快な思いや不便な経験をすること

などの、子どもが自分で発見したり、失敗したり、不便な思いをしたりする経験を「育ちのチャンス」として大切にされています。
 大人の都合や価値観でその貴重なチャンスを遠ざけないように、「だめ・危ない・汚い・早く」といった言葉をなるべく控えて子ども自身のよりよく育つ力を信じ、成長しようとする瞬間を待ち、見守るのだそうです。短い期間で活動を作り上げた行動力と子どもたちをじっと見守る忍耐力の両方を持ったお母さん達のようです。

 わが子が小さかった昔を振り返ると、「だめ・危ない・汚い・早く」といった言葉を使わなかった日は1日もなく、じっと待ち見守るのはとても困難な仕事だなあと感心する一方、その理念は過去に書いたこちらの記事とも通ずるものがあって、ぜひ応援したいと思いました。

S_3
 30日の訪問は、事前に石井さんから「役員で施設の見学をしたい」とのお申し出があり実施されたものですが、お送りしたふれあい広場の資料を見て「ぜひ行ってみたい!」という声が定例会で多くあがり、急遽予定変更でグループ全員での賑やかなものとなりました。
 稲田会長、二井屋田副会長、高木さんの3名で現地を案内し、子どもたちはシーソーに乗って遊んだり、木工作業の様子を興味深そうに見たりしていました。
 また、まめとっこの皆さんを取材に広島ホームテレビ「Jステーション」のスタッフの皆さんも鹿ヶ谷ふれあい広場にお見えになりました。

Sdscf2091

 当日の様子が、まめとっこのブログで「すんばらしいフィールドとの出逢い!」と題して紹介されています。

記事はこちらをクリック

 この日の訪問を聞いたみどり会メンバーの井上さんからは、

「ちびっ子たちが遊んでいる写真は、まるで孫をみているようでした。
 喜んでくださっている様子が目の当たりに浮かんできます。
 会長をはじめ、二井屋田さん、高木さんの対応がとてもよかったのだと思います。
 大勢の方が遊びに来ていただけるように、これからもみんなで「ひろば」の整備に励みたいものです。」


とさっそくメールをいただきました。ふれあい広場で遊ぶ可愛い子どもたちの姿にまた会えるのが今から楽しみですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »