« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

ホタル観察会は雨で中止に

 どうして行事があるときだけ降るのか、25日に予定していたホタル観察会はあいにくの雨。電話でお問合せいただいた方には残念ながら「雨天中止」をお知らせしました。
 そんな恨みの雨の中、集合場所の「セルフ稲田」に直接来られたお客様とスタッフで傘をさして「黒岩ホタル広場」へ出かけてみました。
Imgp9942
Imgp9944 「この雨ではホタルは葉っぱに隠れて全然飛んでいないのでは」と思いながら向かった「黒岩ホタル広場」ですが、思いのほか多くの数のホタルが舞い、お客様には喜んでいただく事ができました。
Imgp9949
Imgp9950 写真は、お客様をセルフ稲田までお送りした後でまた引き返して撮影。雨足も強くなり先ほどより舞う数がずいぶん少なくなっています。
 「黒岩ホタル広場」では、今月いっぱいはホタルの観察ができそうです。天気の良い日にまたぜひお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

見学者で賑わった土曜日の黒岩ホタルの里

Imgp9924 台風の過ぎた土曜日は暑い晴天が戻ってきました。この日は、午後9時前に「黒岩ホタルの里」に到着、車が3,4台すでにとまっており見学のグループで賑わっていました。
 すでにふもとの山本川では終息しほとんど見られなくなったホタルの数も、ここではまだ昨年には及ばないものの増えてきているようです。
Imgp9928
 ホタルは常時舞っているわけでありません。木の葉にとまってしばらく休み、一匹が舞いだすとほかのホタルもいっせいに舞い始めます。
Imgp9930 見学に来られた際に舞っていないように見えても、しばらく観察を続けてみてください。いっせいに舞いだす姿が見られるはずです。幸い蚊はあまりいないので、じっとしていても咬まれることはありませんでした。
Imgp9932 観察の際には、ホタルの繁殖行動の妨げになるので懐中電灯をあてたりはしないでください。また、カメラ撮影のためフラッシュを焚くことは厳禁です。フラッシュを焚いてもホタルの光は撮影できません。
Imgp9937 10時を過ぎると見学客もいなくなり、ホタルも舞わなくなりました。月明かりの中で観察を続けていると林の向こうでガサガサ音がしてイノシシの親子が飛び出してきました。こちらに気づき、たちまち姿を消しましたが威嚇するような吼え声が聞こえてきたので危険を感じ、こちらもあわてて退散しました。

より大きな地図で 黒岩川ホタル観察会 を表示

黒岩ホタル観察会はいよいよ来週火曜日、夜8時セルフ稲田駐車場集合です。

日時 平成25年6月25日(火)20:00~
集合 セルフ稲田駐車場(広島市安佐南区山本1-17-12)
問合 稲田会長(℡090-5375-2645)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

ワンコインの山歩きガイドブック

2
  何ヶ月かぶりに近所の本屋に出かけると、富士山の世界遺産登録が確実となったニュースも追い風になっているのか登山関係の棚の本も増え平積みの登山コーナーも出来ていました。「山ガール」向けのユルイ感じの本が増えているのが印象的でした。

 その中で買ってきたのがこの本。店内入口のワゴンに平積みになっていた中国新聞社発行の「ちゅうごく山歩き chugoku yama aruki vol.1」。

 中国新聞夕刊に連載中のコラム「ちゅうごく山歩き」が本になったもので、著者は広島登山研究所代表の松島宏氏。6月10日から発売されているのですでに手に入れた方もおられると思います。
 広島県西部の山を中心に中国地方の50の山が収録されていて、1山1ページの構成で、お薦めの登山ルートや所要時間、道中の見どころを紹介しています。 B5判、56ページでお値段はなんとワンコインで買える500円。
巻末には県北での山ヨガ体験会の開催など、広島県での山ガールブームの立役者ともいえる広島山ガールクラブの入会案内も載っています。

 広島登山研究所→ホームページはこちらをクリック

 vol.2ではぜひ武田山もとりあげていただきたいと思います。
2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

6月25日(火)、20時より黒岩ホタルの鑑賞会

 現在、みどり会で最も力をいれてホタルの保護・育成の取り組みを行っている場所が山本から己斐へ抜ける武田山林道、御鉢山墓苑下の「黒岩ホタルの里」です。
  昨年に比べ発生数はまだまだ少ないのですが、18日には山際の水路全体でホタルの発光が観察できるようになりました。

地元の皆さんにこの場所を知っていただこうと今年も次の日程で観察会を行います。
(車で来場できます)

日 時 平成25年6月25日(火)
集 合 20時にセルフ稲田駐車場
問合せ 稲田会長(携帯電話
090-5375-2645)

Imgp9912


Imgp9913


Imgp9914 

Imgp9921


より大きな地図で 黒岩川ホタル観察会 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成25年度みどり会総会開催

Imgp9815
 6月16日(日)、山本集会所にて平成25年度の差と山環境保全みどり会総会が開かれました。会員54名中33名の出席があり終始和やかな雰囲気でこれまでの活動を振り返り今後の展望を大いに語り合いました。

Imgp9825

Imgp9827

H25


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

黒岩ホタル広場、数が徐々に増えてきました

Imgp9786 一昨年からみどり会で最も力を入れて保護育成活動に取り組んでいる黒岩ホタル池。今年は「黒岩ホタル広場」と名称をリニューアル。前回6月6日に訪れたときはまだ数匹でした。Imgp9787 この日、13日には十数匹のホタルが舞っていました。写真中央上部の強い光は道路の街灯で赤と白の光の線は車のヘッドライトとテールランプの灯りです。
Imgp9788 見学者の転落防止用のロープが張ってありますので、ロープから中には立ち入らないようにしてください。懐中電灯の光を当てたり、ホタルを捕まえたりしてもいけません。
Imgp9792 この日も、数名見学の方が訪れていましたが、皆さんマナーを守って観察していただいていました。
Imgp9796 これから数を増していき、昨年のような群舞を見られることを期待しています。「黒岩ホタル観察会」は6月25日(火)の晩を予定しています。詳細は後日お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

地域をあげた取り組みに感激!安東ホタルまつり

Imgp9731
Imgp9725
Imgp9734
Imgp9738
Imgp9750
Imgp9758
Imgp9769_2
P1030642


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

熱中症にご用心!3月に続き武田山に救急隊出動

Skyuukyuu
 武田山の麓の職場へ今日は休日出勤。昼前に消防車のサイレンが聞こえ山の方へ向かっていきます。

 広島市の火災情報案内http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1154846722784/

へ電話をかけてみると「11時45分、安佐南区山本町○番○号で救急要請。消防車の出動を指令」と案内が流れてきました。「エッ、○番○号は知り合いのYさんの家じゃないか!」とあわてて仕事を切り上げて鹿ヶ谷ふれあい広場近くのYさん宅へ向かうと家は無事。ふれあい広場に消防車と救急車が止まり、丁度消防ヘリも飛んできてホバリングを始めました。

 しばらくすると、空の担架をさげた救急隊の皆さんとリュックを2つ抱えた女性ハイカーが下山してきました。女性にお話しを伺うと7名の男女のグループで8時30分にJR大町駅を出発し鈴が峰をめざす「広島南アルプス縦走」中、60歳台の仲間1名が体調を崩し動けなくなり武田山山頂で休んでいたが回復せず、嘔吐や痙攣などの症状が出たため救急要請をされたということでした。
 患者は消防ヘリで市民病院に搬送されたました。症状から熱中症だったようですが「軽症」と連絡が入り、大事に至らずホッとしました。

Simgp9701
 今回は軽症で済みましたが、熱中症は死に至る場合もあるおそろしいものです。気象庁発表の広島県南部の今日の最高気温は30度。標高の低い里山は平地と気温が変わらず、林の間は風も通りません。

 http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html

こちらなどを参考に万全の熱中症対策で武田山登山を楽しんでいただきたいと思います。また、万一症状が出た場合には今回のように迅速な救急要請もためらわないことが必要です。

 これからの時期広島南アルプス縦走にチャレンジされる方は、しっかりとした給水計画を立てることも必要です。特に武田山~大茶臼山間は給水ポイントがありませんのでご注意ください。

 救命活動のため暑い中重装備で武田山に登られた安佐南消防署の皆様、大変お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

町の明かりを背景に懸命に光る

Imgp9678 みどり会定例役員会終了後、昨日よりも早い時間に三谷川のホタル池に出かけてみました。着いた時には近所の方が親子で見学に来ていました。昼間は夏かと思うような暑さですが、この日の晩も風は涼しくあまり活発な飛翔は観察できませんでした。Simgp9688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

山本地区のホタル本番はもう少し先?

Imgp9662 5月14日に第一報の入った今年のホタルですが、本番はまだ先のようです。6月6日の晩、三谷川入口のホタル池では十数匹のホタルが光っていました。
Simgp9666 昨年よりホタルの繁殖地となるようもっとも力を入れている、「黒岩ホタル広場」はまだ数匹。
Imgp9659 6月25日にはホタル観察会を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

雨の中を激走!可部連山トレイルランinあさきた2013

S2
 
 広島市初のトレイルランニング大会「可部連山トレイルランinあさきた2013」。(当ブログの関連記事)あいにくの雨の中、22kmのロングコースと16kmのショートコースを駆け抜けたランナーの皆さん、大会を支えたスタッフ、地元住民の皆さん本当にお疲れ様でした。

 翌日の中国新聞の朝刊記事ではけが人が出たことに触れ、「山道を疾走 爽快?危険?」という見出しの記事が掲載されていますが、ネットで見つけた岡山からランナーとして参加された「西もも@」さんのブログ記事では、新聞記事とは印象がかなり異なります。(記事の一部を抜粋)

・仮設トイレがやや少なかったくらいで,第1回とは思えないくらいスムースな運営。Pもコース誘導もばっちり。

・広島山岳連盟や地元の山岳会を中心に,コース上でいっぱい誘導してくださりました。ゴールの垂れ幕をくぐると,文教大学女子高校の女子生徒が大勢でお出迎えしてくれ,笑顔でゴールできました。

・山岳連盟は高齢化が進んでいるのか,ほとんど方は高齢の方。雨の中テントを張って雨具を着ての誘導には頭が下がるしまっこと有難いんだが,ちょっと複雑。でも皆さん山登りに興味を少しでも持ってもらいたくて,ランニングも登山も関係なく"mountaineering"という一括のカテゴリーで活動してくださるのだろう。
感覚的にはトレランも登山もトレッキングもハイキングもスキーもボーダレス。これがこれからの方向性だね。

・全身ドロドロになったけど,大人の泥遊び休日は面白かった。
やっぱり雨天のトレランは楽しいです。

・スタッフの皆さん,立派な運営でしたよ,ありがとう!

「西もも@」さんのブログ記事を読む→こちらをクリック

 せっかく実現したこの大会は、広島市域の山の魅力をPRする絶好の機会でもあります。運営上の課題は回を重ねることで洗練されていくはずです。大会の継続そのものが「過酷な競技だけに無理は禁物だ」とだけはならないよう、切に希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルコンサート

Imgp9543
Imgp9546
Imgp9568
Imgp9587
Imgp9598
Imgp9620

Imgp9649


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

命の季節

Imgp9496 うっとおしい梅雨の雨空ですが里山の生き物にとっては命をはぐくむ恵みの雨です。
 鹿ケ谷ふれあい広場のホタル池のビワの木にモリアオガエルの卵が2つ産みつけられています。
Imgp9505 こちらはアヤメ池のシュレーゲルアオガエルの卵塊。
Imgp9507 別の卵塊では小さなオタマジャクシが泡の中で動いていました。
Imgp9484 祇園西公民館では山本川のホタル情報のコーナーも設けられています。毎年恒例の「ホタルコンサート」は本日6時30分開演です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »