« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

「峠を歩く~沼田町域を中心に~」講演会のお知らせ

S_1

 春日野団地の権現川砂防堰堤から入り、伴へ抜ける「山本街道」。

 山道を約20分汗をかいて登っていくと、小さな御堂「権現神社(ごんげんじんじゃ)」がたたずむ峠に出会います。この峠が権現峠(ごんげんだお)で、神社に置かれた記帳ノートには、参拝者や広島南アルプス縦走中のハイカー・トレイルランナーの皆さんが、おもいおもいにペンを走らせ、読むといつも心が温まります。

 この権現神社のお世話をされているのが「権現峠の自然を守る会」の皆さんです。
 昨年秋にはアストラムライン伴中央駅から権現峠に至るルートを「伴中央歴史古道」として道案内の標識を設置、駅前と峠に立派な看板を立てられるなど精力的な活動を続けておられ、里山環境保全みどり会とも峠を越えた交流があります。

 守る会の皆さんがこのたび企画されたのが「峠を歩く ~沼田町域を中心に~」と題した講演会で、講師は「広島の峠を歩く」という本も出版されている郷土史研究家 大坂佳照氏です。

講 師 / 郷土史研究家 大坂佳照 氏
と き / 平成26年8月3日(日)
      10:00~11:30
ところ / 広島市沼田公民館 
      2階 大集会室
主 催:広島市沼田公民館、権現峠の自然を守る会
申込み・問合せ:広島市沼田公民館 電話848-0242

 そのほとんどを公共の交通機関と自らの足で歩いて越えた広島県の峠。
峠を基点に見えてくるその地域の歴史や社会。
あなたの知っている身近な峠にも意外な事実が・・・
一緒に聴いてみませんか?
 7月31日に確認したところ、まだ会場には余裕があるようですので、ぜひ沼田公民館へ電話してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

武田山からビール片手に見る花火

Imgp1115

 7月26日(土)、広島市南区宇品の一万トンバースで開催される広島の夏の風物詩「広島みなと夢花火」を、安佐南区の武田山(標高410.5m)からビール片手に見物しようというマニア限定企画「大人の夏休み」(告知記事はこちら) を開催しました。
 朝5時の天気予報で18-24時の降水確率40%以上は中止としていましたが、降水確率0%の猛暑の一日となりました。

 自宅から集合場所の「イオンモール広島祗園店」横歩道へはJR可部線で向かいました。
花火を見に行く浴衣のカップルや野球観戦に行くカープグッズを持った親子連れなどで賑わう車内に30リットルのリュック姿は明らかに場違いで、ちょっと恥ずかし…

 この日集まったのは次の方々です。

【広島南アルプスPR仲間の武田山グループ】
 「山歩きと山野草のページ」様、「武田山・火山・広島南アルプス」様、E様、Y下様

【祇園公民館で活動する「祗園まちづくりプランプロジェクト」の面々】
 Y岡様、T様、K様

【ブログを見て参加したいただいた方々】
 O様ご夫妻とH様、「山歩きと山野草のページ」様の同僚のM様 

Imgp0905

 ブログ管理人を入れて12名。
今日の企画成功のために、「ケガをしないことと、山にゴミひとつ残さない」ことを確認後、一人ひとり自己紹介をしてさっそく武田山に向けて出発!

Imgp0915

 約20分で「武田山憩いの森」到着した時には、すでに汗ビッショリ。トイレ休憩と軽い準備運動をしていよいよ山道に入ります。

Imgp0926Imgp0952

 登山口からは「散策コース」を進み途中で休憩も入れて約25分で、「馬返し」に到着。
 「暑い!もうここで花火を見よう?」
 いえいえここからは宇品の花火は見えません。

Imgp0971Imgp0974

 「馬返し」を出発すると、道はU字型に深く掘れていて険しさを増していきます。
例年だと夕凪で風がピタリととまり、馬返し~御門跡がこの時期の武田山登山の一番の難所となりますが、今年は所々で風が吹き通り暑いながらもしっかりした足取りで皆さん登っていきます。
 約10分で「御門跡」に到着しました。

Imgp0991

 「御門跡」を出発し、約5分で「千畳敷」に到着。山頂まではあとわずかです。

Simgp1003

 武田山憩いの森を出発し、要所要所でしっかり休憩をとって1時間13分で武田山山頂に到着。
 午後7時前の到着でまだまだ明るく、町の灯りもともってはいません。

Imgp1013

 三角点のある山頂から一段下の「御守岩台(ごしゅいわだい)」へ移動。下が岩場で腰を下ろすのにちょうどよく、木の葉が日差しも遮ってくれます。
 何はともあれビールで乾杯!至高の一時です。

 Imgp1027

 武田山グループ以外の参加者の皆さんは花火見学登山は初体験。元旦の初日の出を拝む初登山の経験がある方はおられますが、初登山の際に暗闇から段々と明るくなるのとは逆に、徐々に町の灯りが増え闇が濃くなっていきます。
 刻々と光景は変わり、ビールを飲みながらの待ち時間も決して退屈はしないのです。大町から別ルートで登られてきたH様も合流しました。

 Imgp1063

 午後8時いよいよ花火大会のスタートです。
 今年もFMちゅーぴー(76.6MHZ)の実況解説を聞きながら貸し切りの山頂での花火見物です。
 花火会場からは12kmの距離があり、肉眼で見える大きさは上の写真のようになります。迫力は望むべくもありませんが、眼下に広がる広島のデルタの夜景も同時に楽しめますので写真をご覧になられてイメージするようなガッカリ感はありません。
 なにより、自分の足で汗をかいて登ってこないと決して見ることのできない光景なのです。

Simgp1119Simgp1125

 山頂から望遠レンズで撮影した花火の写真。今年は撮影前に飲みすぎたせいかピンボケ、手振れ写真の量産で失敗でした。
 武田山グループのY様が Youtube にご自身の撮影された花火の写真をアップされておられますのでそちらをお楽しみください。

こちらをクリック

 1時間の花火大会はあっという間に終了。

Imgp1129Imgp1132Imgp1134

 ゴミひとつ残さないように後片付けをして下山の準備。出発前に山頂で記念撮影。ライトを動かしてお絵かきをしてもらいました。さすが何度も登っている武田山グループは一味違うでしょ。

Imgp1137

 下山は「観音堂跡」から山本の「鹿ケ谷ふれあい広場」へ降りるルートを選びました。
 途中、「全国トレイルランニングコース徹底ガイド」でも紹介された「弓場跡」では弓矢の試射を行いました。子どもばかりではなく大人にも人気のこの場所ですが、さすがに暗闇ではちょっと不気味です。怨霊退散!
 
 下り道の安全のため、この日は朝にも武田山に登り、熊手で登山道に積もった落ち葉を掃いてスリップ事故防止をはかりました。

 Imgp1153

 昨年の「もみじまつり」でお披露目した「展望台」で休憩をとりました。里山環境保全みどり会の仲間の何人かはこちらから花火を楽しみました。

 山道を全員無事に「鹿ケ谷ふれあい広場」まで下山し、舗装路を通ってJR下祗園駅に着いたのが午後10時40分。かなり遅い時間となりましたが今年の企画も無事に終えることができました。
 暑い中来てくださった参加者の皆様、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

カブトムシ採り2日目

Imgp0371Imgp0384Imgp0417Imgp0431Imgp0443Imgp0437_2Imgp0500Imgp0458Imgp0473Imgp0511Imgp0515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトムシ採り1日目

Img_0054Img_0057Imgp0243Imgp0250Imgp0258Imgp0271Imgp0296Imgp0309Imgp0331Imgp0359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

「全国トレイルランニングコース徹底ガイド」で紹介されている”RUN+”へ行ってきた

Img_0114

 ”広島南アルプス”が紹介されている「全国トレイルランニングコース徹底ガイド」の記事中「ぜひとも立ち寄りたいお店」として紹介されているのが「RUN+」。

 9時間以上かけて縦走するヘッポコハイカーのブログ管理人には、トレイルランニングのお店は未知の世界ですが、出版の反響などが知りたくて仕事帰りに行ってみました。

 「RUN+」の所在地は広島市中区白島中町14-32。すぐ目の前が公園で、閑静な住宅街に建つビルの一角にありました。

 機能的なトレラングッズが並ぶ店内に足を踏み入れると若い男性のお客さんが一人、「武田山のふもとの湧き水は飲んでも良いんでしょうか?」と話をされていました。

 「それは『大町観音水』のことですね。国際学院大学の佐々木教授に水質検査を依頼し「屋久島の縄文水に匹敵する日本一クラスの水質の名水」と鑑定書もいただいていますよ。6月に「あっぱれ!熟年ファイターズ」でも紹介されました。」と思わず話に割って入ってしまいました。

 訪問する前に西区役所でいただいてきた「広島市西部里山ハイキングマップ」をこのお客さんにも差し上げて、ガイド本を見て情報交換したい旨の来意をお話ししました。

 ご自身もトレイルランナーとして活躍されている店長の土路生 忠(とろぶ ただし)さんのお話しでは、「ガイドブックを見ました」と来店するお客はまだいないとのことでしたが、これからガイドブックを見て広島南アルプス縦走に訪れるお客も増えるであろうことを見込んでガイドブックを読んで気づいた何点かをこれからチャレンジされる方に伝えていただきたいとお願いしました。

 「全国トレイルランニング コース徹底攻略ガイド」を読まれて広島南アルプス縦走にチャレンジされる方へ

・横川駅から下祗園駅は「2駅目」ではなく「3駅目」です。

 広島-横川(可部線へ乗り換え)-三滝-安芸長束-下祗園-古市橋-大町

・武田山~己斐峠間は水場が一箇所もありません。(己斐峠にある国泰寺には自動販売機はありませんが参拝者用のトイレがあるので許可を得て使わせてもらってください)

・縦走地図は「西区やまなみハイキングルート」で検索した市役所のホームページ の関連情報としてあげられている 広島市西部里山ハイキングマップ で全体のコース図が入手できます。

・広島市役所農林整備課が運営するホームページ ひろしま森づくりコミュニティネット の「ひろしま森めぐりコース」(武田山1.pdf~武田山8.pdf、鈴ヶ峰1.pdf~鈴が峰6.pdf)では「広島南アルプス大縦走」として紹介されています。こちらでもコースマップを入手できます。

・登山口までの案内は次のホームページが参考になります。

 「山歩きと山野草のページ
  →広島の里山歩きのバイブル的存在で広島南アルプスPR仲間でもあります。広島南アルプスのページに武田山・火山・丸山の詳細な登山道地図と写真入りのルート案内があります。

 「E-やま.net
 →レポート特集に「広島南アルプス縦走記録」があります。

 この2つのほかにも、ヤマレコに多数縦走記録があり参考になります。

・ガイドで紹介されているJR下祇園駅~JR新井口駅のショートコースほか、JR大町駅~広電バス八幡東小のロングコースがあり縦走路の距離はこちらが約20kmです。

(八幡東小から最寄りのJR五日市駅までは約3.5kmあり、休日のバスは1時間に1本です。)

 土路生さんは「記事を書いた山登さんにも伝えます」と言ってくださったほか、「店にくるお客さんにはいつもトレランのマナー向上について呼びかけをしているんですよ」と話されて、ハイカーとランナーが一緒になって広島南アルプスを盛り上げる行事として「ゴミ拾いイベントなど考えられますね」とアイディアを提供してくださいました。

 「何かイベントをやるときには声をかけてください」とおっしゃっていただいたのに気をよくして7月26日(土)に行う「大人の夏休み」(武田山山頂での花火宴会) の紹介をお客さんにしていただくようあつかましくお願いして店を出ました。

 7月26日、ハイカーとランナーの交流がさっそく実現するといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

山本小4年生160名カワニナ採り

S20140715crop

 7月14日、山本小学校4年生160名が総合学習の一環で祇園西公民館前の山本川で、ゲンジボタルの幼虫の餌となるカワニナ約15kgを採取、里山環境保全みどり会事務所(稲田会長自宅)裏の飼育水槽に放しました。

P1010364
P1010365
 集められたカワニナはすぐホタルの幼虫に与えるわけではありません。

いったん別の水槽に入れ、貝の中に紛れ込んだヒルを駆除しないといけません。
 ホタルの飼育は平成16年より稲田会長が始めましたが、当初このヒルのせいで育てたホタルの幼虫が全滅してしまったこともありました。
Img_0106
Img_0111
 これがにっくきヒル。

 育てたゲンジボタルの幼虫は、11月に子どもたちの手で山本川に放流する予定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

ブログデザインを変更しました

 2,3日前から、本文の右側にサイドバーというレイアウトが崩れて本文の下にサイドバーがくっついて治らなくなってしまったのを機会に、模様替えを行いました。

 ・ブログタイトルに全国デビューを果たした「広島南アルプス」の文言を入れました。
 ・本文の文字のサイズを大きくしてお年寄りでも見やすくしました。
 ・タイトルの背景の写真は平成23年12月31日に撮影した「武田山の雲海」の写真を使っています。

 引き続き里山環境保全みどり会の活動の報告をはじめ、武田山や広島南アルプスの話題をできる限りフォローしていきたいと思いますので、これまで同様に御贔屓にお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

今年もやります、大人の夏のお楽しみ

Photo_2

【最初にお断り】
 この行事はブログ管理人個人のお遊び企画で、里山環境保全みどり会主催の行事ではありません。
 夜間に山に登ってお酒を飲む安全の保障のないイベントです。負傷(ケガ)等全て自己負担、自己責任ということを承諾される方のみご参加ください。

日 時 平成26年7月26日(土)17:00~22:00
集 合 イオンモール広島祇園JRエキチカ入口脇歩道
持参物 灯火類、弁当、飲み物、おつまみ一品持ち寄り
内 容 武田山登山、20:00~21:00 広島みなと夢花火見物 
対 象 20歳以上(参加費は無料)
当日朝5時発表の広島県南部の天気予報 18時-24時の降水確率40%以上の場合は中止します。
2
  こちらをクリックしてグーグルマップで詳しく確認できます

 それまで自分だけの秘密の楽しみだった武田山に登って花火(広島みなと夢花火→ホームページはこちら )見物をしているという話をたまたま公民館でしたら、「それは面白そうですね。みんなで行きましょう!」ということになり、とんとん拍子で3年前に実現したのが「本当は怖い武田山ツアー」でした。

 呼びかけの記事→こちらをクリック
 当日の記録→こちらをクリック

 その翌年には、広島の街全体をキャンパスに一般の人々が「先生」となって毎月様々な授業を行うという生涯学習を推進しているNPO法人「ひろしまジン大学」の”授業”としてスタッフを含め30名あまりの若い人たちと夜の武田山をめざしました。

 企画概要の記事→こちらをクリック
 ひろしまジン大学の授業記録→こちらをクリック

 昨年は、”山歩きと山野草のページ”さん、”ほんまに先生の徘徊日記”さん、”武田山・火山・広島南アルプス”さんら広島南アルプスPR仲間のブロガーの皆さんらと登り、夜景と花火を肴に山頂で宴会を楽しみました。

 山歩きと山野草のページさんの記事→こちらをクリック
 ほんまに先生の徘徊日記さんの記事→こちらをクリック

 武田山から花火大会の会場である宇品の1万トンバースまでは12km離れており、迫力は望むべくもありませんが、涼しい山の上から広島のデルタの夜景を眺めながらの花火は格別です。昨年はラジオで花火の解説を聞きながら、武田山を知り尽くした仲間と酒を酌み交わしながらの見物だったので、ひときわ思い出深いものとなりました。

2013

 というわけで今年も花火宴会やります!
最初のお断りに書いているように夜間登山で山頂で飲酒というマニア限定企画です。
 武田山を愛し、広島南アルプスPRを今後一緒に考えていただけるブロガーの皆さんなどの参加は大歓迎です。


 お問い合わせは、hqj02341(a)nifty.ne.jp(畑野)まで ←(a)は@に直してください
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

広島南アルプス全国デビューの「全国トレイルランニング コース徹底攻略ガイド」ゲット!

Photo

  

 こちらの記事 でお知らせしていた「広島南アルプス」の全国デビューとなる「全国トレイルランニングコース徹底ガイド」。6月13日発売予定が7月上旬に延期とアナウンスがあり、首を長くして待っていましたが、先日ようやく予約していたアマゾンから届きました。

  この本はトレイルランニングの第一人者である鏑木 毅(かぶらぎ つよし)氏と関東で活動する「チームすぽるちば」のメンバーが、日本全国の38のトレイルランニングのコースを、

 1.ビギナーの方へおすすめのコース
 2.雄大な景色が堪能できるコース
 3.嫌なことも忘れる癒しのコース
 4.ツアー性の高いコース
 5.心砕かれるハードコース
 6.ウルトラトレイルを目指すならこのコース

の6つのタイプに分類し、攻略法を紹介しています。
 1コース当たり2ページ~4ページが充てられており、1ページ目で地図と標高グラフ、タイムの目安、交通機関や車でのアクセス方法が紹介され、残りのページで各コースの特徴や見どころなどが紹介されています。各コース紹介の間にはトレランのマナーなどの6本のコラム記事と巻末にはレースに向けたアドバイスの記事が掲載され、なかなか読みごたえがあります。

 注目の「広島南アルプス」は、最近多くのハイカーがチャレンジしているJR大町駅から佐伯区の広電バス八幡東バス停までのロングコースではなく、JR下祇園駅からJR新井口駅までのショートコースが本文2ページで紹介されています。コースマップの入手先として「西区やまなみの会」の皆さん作成の「西区やまなみハイキングルート」を検索するよう書かれています。

 写真入りで本文が2Pとボリュームが少ないため、全体的なおおまかなコースの説明で正直「徹底攻略」とは言えない感じです。

Photo

 うれしい驚きだったのは、みどり会でお世話をしている武田山の弓場跡がおすすめポイントとして写真入りで紹介されていたことです。おねしょシーツから取り替えた新しい弓矢の的が写っているいるので、取材は昨年の12月以降のようです。

 ライターの「山登祐太」さんは、ネットで検索すると昨年の可部連山トレラン大会22kmの部で10位入賞をはじめ各地の大会で入賞者に名前を連ねています。現在は関東に移住され関東各地のトレラン大会でも活躍されておられる方だそうです。

 何はともあれ、本が無事出版され「広島南アルプス」の名前が全国デビューしたことを素直に喜びたいと思います。「徹底攻略」とは言えないとも書きましたが、紹介の仕事をこちらに残してもらっていることにむしろ感謝したいくらいです。
 関東地方では、ハイカーとランナーのトラブルでトレラン大会の開催が難しくなっている事例もあると聞きますが、広島南アルプスで出会うランナーの皆さんはマナーを守った気持ちのよい方ばかりです。
 この本を手に取られて広島南アルプスにチャレンジしようとするランナーの方にも、広島らしいコース上の魅力ポイントの数々を知っていただき、タイムアタックだけでない楽しみを満喫してもらいたいと思います。

 ハイカーとランナーがともに手をとりあって広島南アルプスを大いに盛り上げていきたいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

今年の黒岩ホタル広場、終息を迎える

Imgp9868_tonemapped

 7月4日、みどり会の定例役員会終了後に黒岩ホタル広場を訪れました。
前回来た月曜日からぐっと数が減り、峠川沿いで2匹、モリアオガエルの池には全く姿が見られず、奥の水路沿いでも2匹。脇の草むらの葉の裏で2、3匹ヘイケホタルの淡い光を放っていました。

 今シーズン毎日観察に来られていた竹藤さん、出光さんのお二人がこの日も居られ、「一昨日まではもっと飛んでいたんじゃが。今年はもう終わりじゃのう。」と残念そうに話されていました。
 この日の昼間に観察通路に張ったロープも撤去しましたので、名残りのホタルを観察に来られる方は川への転落など十分にお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

今宵、学生の手による「七夕キャンドルナイト」開催

 広島経済大学興動館武田山まちづくりプロジェクトの皆さんが本日「七夕キャンドルナイト」を開催されます。

【スケジュール】
17:30 開場
18:00 開会
19:00 竹キャンドル点灯
19:30 たかきた太鼓演奏
20:30 閉会

 今年は会場をこれまでの興動館から熊岡神社(興動館のすぐ裏)に会場を移し、太鼓の演奏など内容もパワーアップしています!

武田山まちづくりプロジェクトのホームページ→こちらをクリック

E4b883e5a495e5ba83e5918a20e8a1a8e_2

E4b883e5a495e5ba83e5918ae38080e8a_2

  武田山の竹を活用した「スマイルキャンドル」やあっぱれ熟年ファイターズでも紹介された武田山の名水「大町観音水」を使った観音水コーヒーも大注目です。
 ご家族で夕涼みに出かけてみられてはいかがでしょうか?

Img_0295_r
 ホントに笑っとる!灯を点したところをぜひ見たいスマイルキャンドル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

7月はカブトムシ採りだ!

Wakuwakukabutomusi
 夏休み初日のお楽しみ。毎年人気の「カブトムシ採り」が今年も祇園西公民館の講座として実施されます。
 今年は木工工作や山本母親クラブとのコラボで巻き巻きウィンナーパン作りなどより充実した内容となっています。
 親子25組を募集しており、祇園西公民館へ電話(875-1760)で申し込んでください。(先着順)
 募集開始の7月2日の夕方時点で、すでに21組の申し込みがあり残りわずかです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

月曜日の黒岩ホタル広場

 6月の最終日。この日も夕方雨が降り、少し肌寒く感じる夜でした。
 8時半頃到着し、車止めから入る峠川沿いの観察エリアでは、10匹あまりのホタルが活発に舞っていましたが、道のすぐ脇のモリアオガエルの池ではホタルの姿を見つけることがもうできなくなりました。
 池の奥の水路沿いのホタルの光も数が少なくなってきました。

Imgp0005
Imgp0009
Imgp0011Imgp0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »