« カブトムシ採り2日目 | トップページ | 「峠を歩く~沼田町域を中心に~」講演会のお知らせ »

2014年7月27日 (日)

武田山からビール片手に見る花火

Imgp1115

 7月26日(土)、広島市南区宇品の一万トンバースで開催される広島の夏の風物詩「広島みなと夢花火」を、安佐南区の武田山(標高410.5m)からビール片手に見物しようというマニア限定企画「大人の夏休み」(告知記事はこちら) を開催しました。
 朝5時の天気予報で18-24時の降水確率40%以上は中止としていましたが、降水確率0%の猛暑の一日となりました。

 自宅から集合場所の「イオンモール広島祗園店」横歩道へはJR可部線で向かいました。
花火を見に行く浴衣のカップルや野球観戦に行くカープグッズを持った親子連れなどで賑わう車内に30リットルのリュック姿は明らかに場違いで、ちょっと恥ずかし…

 この日集まったのは次の方々です。

【広島南アルプスPR仲間の武田山グループ】
 「山歩きと山野草のページ」様、「武田山・火山・広島南アルプス」様、E様、Y下様

【祇園公民館で活動する「祗園まちづくりプランプロジェクト」の面々】
 Y岡様、T様、K様

【ブログを見て参加したいただいた方々】
 O様ご夫妻とH様、「山歩きと山野草のページ」様の同僚のM様 

Imgp0905

 ブログ管理人を入れて12名。
今日の企画成功のために、「ケガをしないことと、山にゴミひとつ残さない」ことを確認後、一人ひとり自己紹介をしてさっそく武田山に向けて出発!

Imgp0915

 約20分で「武田山憩いの森」到着した時には、すでに汗ビッショリ。トイレ休憩と軽い準備運動をしていよいよ山道に入ります。

Imgp0926Imgp0952

 登山口からは「散策コース」を進み途中で休憩も入れて約25分で、「馬返し」に到着。
 「暑い!もうここで花火を見よう?」
 いえいえここからは宇品の花火は見えません。

Imgp0971Imgp0974

 「馬返し」を出発すると、道はU字型に深く掘れていて険しさを増していきます。
例年だと夕凪で風がピタリととまり、馬返し~御門跡がこの時期の武田山登山の一番の難所となりますが、今年は所々で風が吹き通り暑いながらもしっかりした足取りで皆さん登っていきます。
 約10分で「御門跡」に到着しました。

Imgp0991

 「御門跡」を出発し、約5分で「千畳敷」に到着。山頂まではあとわずかです。

Simgp1003

 武田山憩いの森を出発し、要所要所でしっかり休憩をとって1時間13分で武田山山頂に到着。
 午後7時前の到着でまだまだ明るく、町の灯りもともってはいません。

Imgp1013

 三角点のある山頂から一段下の「御守岩台(ごしゅいわだい)」へ移動。下が岩場で腰を下ろすのにちょうどよく、木の葉が日差しも遮ってくれます。
 何はともあれビールで乾杯!至高の一時です。

 Imgp1027

 武田山グループ以外の参加者の皆さんは花火見学登山は初体験。元旦の初日の出を拝む初登山の経験がある方はおられますが、初登山の際に暗闇から段々と明るくなるのとは逆に、徐々に町の灯りが増え闇が濃くなっていきます。
 刻々と光景は変わり、ビールを飲みながらの待ち時間も決して退屈はしないのです。大町から別ルートで登られてきたH様も合流しました。

 Imgp1063

 午後8時いよいよ花火大会のスタートです。
 今年もFMちゅーぴー(76.6MHZ)の実況解説を聞きながら貸し切りの山頂での花火見物です。
 花火会場からは12kmの距離があり、肉眼で見える大きさは上の写真のようになります。迫力は望むべくもありませんが、眼下に広がる広島のデルタの夜景も同時に楽しめますので写真をご覧になられてイメージするようなガッカリ感はありません。
 なにより、自分の足で汗をかいて登ってこないと決して見ることのできない光景なのです。

Simgp1119Simgp1125

 山頂から望遠レンズで撮影した花火の写真。今年は撮影前に飲みすぎたせいかピンボケ、手振れ写真の量産で失敗でした。
 武田山グループのY様が Youtube にご自身の撮影された花火の写真をアップされておられますのでそちらをお楽しみください。

こちらをクリック

 1時間の花火大会はあっという間に終了。

Imgp1129Imgp1132Imgp1134

 ゴミひとつ残さないように後片付けをして下山の準備。出発前に山頂で記念撮影。ライトを動かしてお絵かきをしてもらいました。さすが何度も登っている武田山グループは一味違うでしょ。

Imgp1137

 下山は「観音堂跡」から山本の「鹿ケ谷ふれあい広場」へ降りるルートを選びました。
 途中、「全国トレイルランニングコース徹底ガイド」でも紹介された「弓場跡」では弓矢の試射を行いました。子どもばかりではなく大人にも人気のこの場所ですが、さすがに暗闇ではちょっと不気味です。怨霊退散!
 
 下り道の安全のため、この日は朝にも武田山に登り、熊手で登山道に積もった落ち葉を掃いてスリップ事故防止をはかりました。

 Imgp1153

 昨年の「もみじまつり」でお披露目した「展望台」で休憩をとりました。里山環境保全みどり会の仲間の何人かはこちらから花火を楽しみました。

 山道を全員無事に「鹿ケ谷ふれあい広場」まで下山し、舗装路を通ってJR下祗園駅に着いたのが午後10時40分。かなり遅い時間となりましたが今年の企画も無事に終えることができました。
 暑い中来てくださった参加者の皆様、ありがとうございました!

|

« カブトムシ採り2日目 | トップページ | 「峠を歩く~沼田町域を中心に~」講演会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108583/60052110

この記事へのトラックバック一覧です: 武田山からビール片手に見る花火:

« カブトムシ採り2日目 | トップページ | 「峠を歩く~沼田町域を中心に~」講演会のお知らせ »