« 2015 雪の武田山初登山、初日の出は… | トップページ | 頼もしいぞ!安佐南区の若者たち »

2015年1月 4日 (日)

1月3日、元日リベンジの武田山

Img_9276_7_8_tonemapped3

 1月3日早朝、1日から2日にかけて断続的に降った雪もやみ、空には星がまたたいています。
 残念だった元日のリベンジで武田山に登ってみることにしました。

Img_9152
 朝6時に大町駅裏の自宅を出発し、祇園北高校登山口から山に入り7時前に山頂へ到着。さすがに正月3日に雪道を朝から登る物好きな人は他にはいないようで、登山道へ夜中に積もった雪には足跡はありません。

Img_9148
 「いざ、山頂へ一番乗り!」と思ったら、2基の山頂展望図の裏を回り、御守岩(ごしゅいわ)の方へ点々と足跡が続いています。足跡の主はタヌキかキツネでしょうか?
Img_9142panorama_1
 雲で目の前が真っ白だった元日と違い、雪をかぶって白くなった家々の屋根がくっきり見渡せます。向かいの山々には霧がかかり、一部は市内中心部にも伸びているようです。
 市内全体の景色を確認するため、山頂から数分離れた「上高間(うわたかま)」へ移動し、ここで朝日を迎えることにしました。

Img_9157
 上高間に到着すると先端の大岩にも動物の足跡が残されていました。岩の上から下界の景色を眺めて何を思ったのでしょうか。

Img_9162
 足跡の残る岩の更に先の大岩へ慎重にジャンプ、三脚を構えて日の出を待ちます。
川霧が発生しているのか、川の上流の霧がさっきより濃くなってきています。

Img_9214_5_6_tonemapped
 陽の光が、広がってきた霧をオレンジ色に染め、なんと美しい!元日も一緒に登ったYさんに思わず「登っておいで」と電話をしました。

Img_9263_4_5_tonemapped
 山頂からは樹木が邪魔をして見ることのできない宗箇山(そうこやま)の山腹にも霧がたなびいています。奥には宮島もくっきり見えています。

Img_9291_2_3_tonemapped
 しばらくすると川面に太陽の光が反射してキラキラと輝やきます。霧は市内中心部まで伸びています。

Img_9302_3_4_tonemapped
 カメラのレンズをズームして見ると、牛田山、双葉山はすっぽり霧に包まれ、奥のデジタルテレビのアンテナが建つ絵下山(えげざん)中腹には層状の雲がかかっています。
 もしかしたら、絵下山の山頂からは雲海が観測できたかもしれません。

Img_9306_7_8_tonemapped
 市内に流れ出た霧の中から突き出したビルは、中区上八丁堀にある地上43階建てのタワーマンション「アーバンビューグランドタワー」です。

Img_9430
 陽が高くなってくると、市内の霧は薄くなり、絵下山の中腹に一本の太い線のように横に伸びている層状の雲が残り、不思議な光景を作ります。

Img_9447_8_9_tonemapped
 しばらくすると、今度は武田山のふもとから霧が発生、見る見るうちに山頂に向かって湧き上がってきました。

Img_9456_7_8_tonemapped



Img_9459
 霧とともに電話でお誘いしたYさんが上高間に到着。生き物のように動いて一瞬も同じ姿をとどめない霧の景色に向け、愛機のシャッター音を次々と響かせます。

Img_9474
 まだ山頂を踏んでいないYさんと再び山頂へ移動。ここでも霧煙る絶景を楽しみ、見事元日のリベンジを果たして大満足で下山の途につきました。

(その他の写真や動画はこちらをクリック
 

|

« 2015 雪の武田山初登山、初日の出は… | トップページ | 頼もしいぞ!安佐南区の若者たち »

コメント

元日も登られたのですね~、私は元日も二日も曇りでダメだろうと決め付け、三日に登りましたが雪景色・沸き立つ
霧に日の出と素晴らしい景色に感動しました。
貴方の一枚目の日の出と大田川の反射光うまく撮れてますね~~感心しています。今年も宜しく!

投稿: 老猿 | 2015年1月 5日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108583/60920936

この記事へのトラックバック一覧です: 1月3日、元日リベンジの武田山:

« 2015 雪の武田山初登山、初日の出は… | トップページ | 頼もしいぞ!安佐南区の若者たち »